ピコレーザー(ピコシュア)メニュー一覧

ピコレーザー(ピコシュア)

タトゥ除去のほかシミやあらゆるお肌の悩みに効果的

こんなお悩みに

  • しみ、肝斑、そばかすが気になる
  • 小じわが気になる
  • 毛穴の開き、黒ずみが目立つ
  • 肌の色むら、くすみが気になる
  • ニキビ痕の赤みが気になる

施術のポイント

1兆分の1秒の「ピコ秒」でパルス幅の弱い出力のレーザーを照射します。タトゥー・刺青、にきび肌の治療や肌質の改善をしたいところにピンポイントでレーザーを照射して、熱ではなく光でメラニンを分解します。短時間でより効果的にメラニンをなくして、シミ・そばかすを除去し術後の傷跡も残りにくく痛みも少ない施術です。

ピコシュアーとは?

ピコ秒レーザー「ピコシュア」は、レーザー界で「革命」と言われる技術進歩をとげたレーザーです。シミ、そばかす、ADMなど色素斑の原因となる「メラニン」をカサブタを作らずに破壊します。Qスイッチレーザー(ナノ秒レーザー)やフォト系治療では治療が難しかった色の薄いシミのメラニンにも働きかけ、シミ・くすみのない白い肌の再生を目指します。

従来のレーザーとの比較

従来のレーザーはシミの元となるメラニンへ「熱によるダメージ」を与えて色素を破壊するため、色素沈着や炎症を起こしやすくなります。ピコレーザーはピコ秒の「衝撃波」で粉砕し、代謝により自然に排出させるため色素沈着しにくくなります。

3種類の照射方法

ピコレーザー治療を行うピコシュアには、「ピコスポット」「ピコトーニング」「ピコフラクショナル」という3種類の照射方法があります。照射方法を変化させることで、様々なお肌の悩みを解決します。

シミ・肝斑・くすみの治療

ピコスポット・ピコトーニングはレーザーを照射し衝撃波でシミやそばかすの原因となるメラニンを分解し、新陳代謝による排出されます。お肌に熱ダメージを与えないため、従来の熱レーザー機器よりもダウンタイムが短くなります。ピコスポット・ピコトーニングは真皮の外側にある表皮に対して有効な治療です。

毛穴・小じわ・ニキビ痕の治療

ピコフラクショナルは表皮の内側にある真皮まで届くようピコシュア専用ハンドピースを使用してFOCUS照射(フラクショナル照射)を行います。赤みやざらつきなどダウンタイムが大きかった従来の炭酸ガスレーザーと異なり、FOCUS照射は皮膚表面へのダメージを抑えながら、お肌のハリに欠かせない真皮のコラーゲンやエラスチンを増加させます。

「シミ」「しわ」「ニキビ跡」米国FDAの認可を取得

ピコシュアはFDA(アメリカ食品医薬品局)でシミ・そばかす・ADM等の色素斑の除去、小ジワの改善、ニキビ痕の改善における承認を取得しています。
他にもピコ秒レーザー(enLIGHTen:エンライトン、DiscoveryPICO:ディスカバリーPICO、PicoWay:ピコウェイ)が存在しますが、「色素性病変(シミ・ADM・そばかす等)」「しわ」「ニキビ痕」と多分野で認可を受けているのはPicoSure(ピコシュア)だけです。
シミの治療と同時に小じわの治療、ニキビ痕・毛穴の治療が可能であり、過去に受けた肌のダメージの修復と新たな素肌の再生を目指します。

当院オススメのオプション

ピコトーニング

しみ肝斑そばかすくすみ

ピコトーニングはピコレーザーを顔全体に均一に照射をすることで、しみ、くすみ、肝斑などを除去する治療です。従来のレーザートーニングやQスイッチレーザーでのしみ・肝斑治療に満足いかなかった方にはぜひおすすめしたい治療法です。
ピコレーザーは、熱エネルギーによって色素を破壊するナノ秒レーザーと異なり、ピコ秒という圧倒的な速さによる衝撃波によって色素を粉砕するため、より細かく切れ味よく色素を破壊することができる上に、術後の色素沈着が少ない点が特徴です。

ピコフラクショナル

毛穴ニキビ跡小じわ

ピコフラクショナルは、特殊なレンズ(フォーカスレンズ)を使用してピコトーニングよりもより深層にエネルギーを届ける治療法です。真皮層のコラーゲンやエラスチンを産生させる作用によって、毛穴の開き、ニキビ跡の凸凹、小じわなどを改善する効果が期待できます。従来のフラクショナルレーザーは表皮に微細な穴を沢山あけることでコラーゲン・エラスチンを増生させてたため、効果はあるものの術後の赤み・腫れが1週間ほど続く点がデメリットでしたが、ピコフラクショナルは肌表面に穴をあけることもないため、術後の赤み、腫れは2〜3日程度で落ち着きます。さらに皮膚の新陳代謝(ターンオーバー)を促進させる働きもあるため、ピコフラクショナルはしみ・くすみに対しても有効です。

ピコスポット

ピコスポットでは、気になるしみを明確なターゲットにしてピンポイントでレーザーを照射する治療法です。照射時に輪ゴムではじかれるような痛みはありますが、従来のナノ秒レーザーほどダメージはありません。また衝撃はによって色素を粉砕するため、術後に色素沈着が生じにくい点も特徴です。

このような効果が期待できます

  • しみ、そばかす、肝斑が気になる
  • 小じわが気になる
  • 毛穴の開き、黒ずみが気になる
  • あざが気になる
  • ニキビ跡の凸凹が気にあんる
  • タトゥー(入れ墨)を消したい
  • 肌にハリ、弾力がほしい

ピコレーザーの特徴

ピコ秒という圧倒的な速さでしみの原因を粉砕

従来のレーザー(ナノ秒レーザー)の1000分の1の速さである「ピコ秒(1億分の1秒)」で照射することができるピコレーザーは、照射時間が短いため、肌へのトラブルを最小限に抑えることができる点が特徴です。従来のレーザーは熱エネルギーによって色素を破壊していましたが、ピコレーザーはその速さゆえ、熱作用ではなくエネルギーの衝撃波によって色素をより細かく粉砕することができるため、術後の色素沈着のリスクを抑えることができます。

ダウンタイムが短い

ピコレーザーはピコ秒という速さで照射ができるため、照射による肌ダメージを最小限に抑えることができます。そのため術後の赤み、腫れといったダウンタイムも少ない点が特徴です。非常に短い波長で照射を行うため、照射による痛みも既存のレーザーよりも少ないといわれています。

様々な肌トラブルに効果的

ピコレーザーには、ピコスポット、ピコフラクショナル、ピコトーニングの3つの照射方法があり、これらを使い分けることで、しみ、肝斑、くすみ、小じわ、ニキビ跡、毛穴の開きなど様々な肌トラブルに対応することが可能です。従来のレーザートーニングでは効果を実感できなかった方や、従来のフラクショナルレーザーはダウンタイムがあり抵抗があった方などにもおすすめです。

施術の流れ

STEP.1
洗顔
お顔の施術の場合は、施術前にメイクを落としていただきます。
STEP.2
施術
ピコレーザーを照射します。
ピコフラクショナルの場合は必ず麻酔を塗布しますが、それ以外の施術では希望によっては使用することも可能です。
STEP.3
アフターケア
照射後はメイクをしてお帰りいただけます。
術後は肌をあまり擦らないようにしてください。

施術の詳細

施術時間 施術部位などで個人差がありますが、ピコショット…15分~20分 ピコトーニング…30分 ピコフラクショナル…45分
術中の痛み 輪ゴムではじかれたような痛みを感じますが、多くの方が我慢できる程度です。ご希望の方は麻酔を使用することも可能ですのでご相談ください。
ダウンタイム 赤み、腫れが出ますが数時間~1日で落ち着きます。まれに内出血も起こる可能性があります。
術後のメイク 施術直後からメイクOK
注意事項 治療の経過、結果などには個人差があります。
色素の濃さや深さなどにより変化を感じにくい場合があります。その場合は複数回の治療を受けることをおすすめします。
日焼けをされている方、妊娠中の方、授乳中の方、施術部位に傷やヘルペスのある方、ケロイド体質の方は治療を受けることができません。
その他、疾患がある方も治療が受けることができない事がございます。
てんかん発作の既往のある方、糖尿病、光恐怖症、光過敏症、光アレルギー、心臓疾患、脳疾患、悪性腫瘍、その他の疾患のある方。内服中の薬、外用中の薬のある方。
ペースメーカーやインプラントの有無については事前にお知らせ下さい。
感光性薬物(テトラサイクリン等)使用の方は、試験照射を実施し致します。
抗凝固薬剤使用の方は、内出血のリスクが増加する可能性があります。
白斑になりやすい方は治療部位が白斑になる可能性があります
アフターケア

施術後は紫外線対策を十分に行って下さい。
施術後は保湿を十分に行って下さい。
強いマッサージやスキンケアにて擦りすぎないようにしてください。
施術当日のサウナや半身浴は避けてください。

料金

ピコレーザー(1cm)
¥20,000
ピコスポット打ち放題
¥100,000
ピコトーニング全顔
¥15,000
ピコフラクショナル両頬
¥20,000
ピコフラクショナル全顔
¥40,000
Translate »